読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの子ちゃんのセーター

童話

 新しい考えを手に入れるには、古い考えを一度捨て去り、新古を織り成す必要があります。

 では、お話のはじまりです。


 お母さんは、くまの子ちゃんが生まれたときから、いつもすてきなようふくを編んでくれていました。そしてそれはいつでも、くまの子ちゃんにぴったりなのでした。
 ある日、お母さんがいいました。
 「寒くなってきたから、あたたかいセーターを編んであげましたよ」
 さっそく、いつものようにくまの子ちゃんが着てみると、いつも以上にすてきにみえるようでした。
 「最高だわ! 」
 そう感じると、いつもはそんなことを思わないのに、だれかに自慢したくなりました。くまの子ちゃんはお外に走っていきました。

 くまの子ちゃんは仲良しのひつじさんに会うと、さっそく見せびらかすように、こう言いました。
 「ほら、すてきでしょ。」
 すると、ひつじさんは鼻で笑うようにいいました。
 「わたしのほうがすてきだわ。くまの子ちゃんのは黒くてごわごわ。わたしのは、白くてふんわり。」
 くまの子ちゃんは、なんだか急にみすぼらしくなった気がしました。
 今までなら、誰かにそんなことを言われても
 「そんなことないわ」
と気にせずにいられたのに、とたんに恥ずかしいような気持ちになり、ひつじさんがとてもうらやましくなったのです。
 なぜでしょうね。

 おうちに帰ると、くまの子ちゃんは お母さんにいいました。
 「いつも真っ黒ばっかり。ごわごわで、みすぼらしくてもういや。わたしも真っ白なふわふわのひつじのセーターがほしい! 」
 お母さんは、いつもしているようにくまの子ちゃんをお膝に乗せようとしましたが、くまの子ちゃんのお尻は半分はみ出ていました。
 「これは母さんの毛で編んだのよ。くまの子ちゃんにぴったり合うように。ひつじさんのセーターもやっぱりひつじさんのお母さまが編まれたものなのよ。それに、第一ひつじの毛糸がうちにはないわ」
 あきらめきれないくまの子ちゃんはお母さんの膝から落ちそうになりながらいいました。
「じゃぁ、ひつじの毛糸があったら編んでくれる? 」
 お母さんはくまの子ちゃんを落とさないように、きゅっと抱きしめながらいいました。
 「それでも やっぱり母さんには編めないわ。母さんはくまだから、ひつじのセーターは知らないのよ」
 くまの子ちゃんは お母さんの膝がきゅうくつになってきて、うでをほどきながらこう叫びました。
 「そんなこと、やってみなくちゃ わからないわっ! 」
 とうとうお膝から飛びだしたくまの子ちゃんは、ほほをぷっとふくらませると、お外へかけていってしまいました。

 くまの子ちゃんは、そのままのいきおいでひつじさんのおうちに向かいました。
 ドアの前で、バクバクする心をおちつかせようと大きく深呼吸をしてから、ノックしました。
 それでも少し乱暴な音がしました。
 「あら、くまの子ちゃん。どうしたの? 」
 「あのね、ひつじの毛糸が欲しいんだけど」
 ひつじさんは、かすかに眉をひそめて、
 「それなら街へ行ってみたら? 」
と、答えました。

 くまの子ちゃんはいわれたとおりに街へいきました。そこで、お母さんの編んでくれたセーターと交換して、ひつじの毛糸を手に入れることができました。
 帰り道は、お母さんの編んでくれたセーターがなかったので、とても寒いおもいをしましたが、ひつじの毛糸を手に入れたくまの子ちゃんは、ほこらしい気持ちでいっぱいでした。

 おうちに帰ると、さっそくお母さんにみせました。手はかじかんで、鼻の頭とほっぺは真っ赤でした。
 でも、目をキラキラさせながら、ひつじの毛糸をお母さんに渡しました。
「編んでくれるでしょう? 」
 お母さんはなんにも言わずに、くまの子ちゃんを抱きしめると、あたたかいお風呂に入れてあたたかい布団にくるめて、
 「おやすみ」
といいました。

 次の日の朝。
 目を覚ましたくまの子ちゃんは、お母さんのところへとんでいき、
 「わたしのセーターはもうできた? 」
と聞きました。
 お母さんは、首をふりふりいいました。
「母さんにはとても無理だわ。母さんはくまだもの。ひつじのセーターは知らないの」
 かなしそうにお母さんは昨日渡されたひつじの毛糸をくまの子ちゃんに返しました。
 くまの子ちゃんもやっぱりかなしそうにそれをうけとると、力なくつぶやきました。
 「やってみなくちゃわからないわ。」

 くまの子ちゃんはとぼとぼと歩いています。
 今日は、お母さんが以前に編んでくれたセーターを着ていました。前はぴったりですてきだったはずなのに、サイズが合わないようでみっともない感じがするのでした。
 出かける前に、なんどもなんども鏡をみては見栄えをよくしようとあれこれ工夫をしたのですが、とうとうあきらめました。出かけるのをやめようかとも思いました。
 それではひつじのセーターもあきらめなくてはなりません。
 だから、なるべく誰にも会わないように、くまの子ちゃんはうつむきながら、ひつじさんの家へと歩いていきました。
 ひつじさんのおうちまでくると、知らずにため息をひとつ、ついていました。
 ノックも、ひかえめでした。
 「こんにちは、ひつじさん」
 「あなた、だれ? 」
 「あの、あの、わたし…くまの子です」
 ひつじさんは目をまん丸にして驚いた様子で、こう言いました。
 「ごめんね。いつもと違うから気がつかなかった。」
 そうして上から下までくまの子ちゃんを眺め回すと、ちょっと息を吸ってから、とても柔らかい声で、
 「何か私で相談にのれるかな?とにかく入ってゆっくりしてって。」
と、くまの子ちゃんを家の中へ招き入れました。

 ほっとしたくまの子ちゃんは、なにもかものいきさつをひつじさんに話しました。
 ひつじさんも、なにもかものいきさつをただ黙って聞いていました。
 途中、小さく、「そうだったの?」と驚いたり、「それでそれで」と納得したようにうんうんと頷いたり、「大変だったんだね」とくまの子ちゃんの背を撫でたりして、最後は「任せておいて」と、くまの子ちゃんの手をとって力強く頷いてくれました。
 それから、ひつじさんは自分のお母さんにお願いして、「ひつじの毛で編むセーターのあれこれ」という本を貸してあげることにしました。
 これは、ひつじさんの家に伝わる大切な大切な本です。昔のひつじが、自分に似合うセーターをどうすれば上手に編めるのかを丁寧に書いた本でした。
 くまの子ちゃんは、ひつじさんとひつじさんのお母さんに、
 「ありがとう」
とお礼をいって帰りました。

 さっそく、くまの子ちゃんは本に首っ引きでセーターを編みはじめました。
 何日も何日もかかりました。
 投げ出して、ふて寝をした日もありました。泣き出して、お母さんに慰めてもらった日もありました。夜ふかしをして編み目を間違え、発狂しながらやり直したこともありました。
 そうして、やっとこの朝できあがりました。
 くまの子ちゃんは、できあがったセーターを、まずはお母さんにみせました。
 「よくがんばったわね」
とお母さんは寂しそうに微笑みました。
 最近は、いつでも寂しそうなのです。
 くまの子ちゃんはそんなお母さんに気がつくことなく、
 「ひつじさんにみせてくるわ」
と喜び勇んで出かけていきました。

 ひつじのセーターを着たくまの子ちゃんをみて、ひつじさんは思いました。
 (似合わない)
 だけど、にっこり笑ってこういいました。
 「すてき。白くてふんわり」
 くまの子ちゃんは鼻を膨らませていいました。
 「ありがとう。あなたのセーターもとってもすてきよ」
 そういわれたひつじさんは、こんなへんてこりんな子と一緒にされたくないと思いました。だからつい言ってしまいました。
 「あたりまえじゃない。だってわたしはひつじだもの」
 くまの子ちゃんが雷に打たれたような顔をしました。そして聞きました。
 「似合わない? 」
 しまったと思ったひつじさんは、慌てて言いました。
 「似合うよ。くまにしては」
 ますます青ざめていくくまの子ちゃんをみて、ひつじさんはあたふたとまくし立てました。
 「あ、ほら、白が黒に映えるっていうか、でも遠くからみたらひつじにみえるかも。あっ。近くからみたらもちろんくまなんだからくまにみえるというか、えっと、ね、毛糸がやっぱりすてき。きっと誰が着てもすてきだけど、ひつじじゃないんだもの。ひつじじゃないのにこんなにすてきにみえるのは、その、そういえば、貸した本は役にたった?」
 ひつじさんがいいおわらないうちに、くまの子ちゃんはかけていってしまいました。

 くまの子ちゃんは、かけてかけてかけて、藪を抜け川をこえ岩山の上に生えている一本ブナによじ登りました。
 月がブナの木に挨拶をするためにのぼってきます。
 その光に照らされて、くまの子ちゃんは自分がボロボロのペシャンコのドロドロなセーターを着ていることに気がつきました。
ふんわりしていたセーターは、藪を抜けた時にひっかけてボロボロになり、そのまま川に入ったのでペシャンコになり、岩山をよじ登る時にこすれて汚れてしまったのでしょう。
 朝にはふんわり白かったセーターのおもかげはどこにもありません。くまの子ちゃんは、そんなセーターにどこかほっとしながらお月様にききました。
 「わたしはひつじになりたかったのかな? 」
 お月様は笑っています。
 「ばかだなぁ」
 くまの子ちゃんも笑ってしまいました。くすくすとお月様と一緒に笑って、
 「さようなら」
と帰りました。

 帰ってきたくまの子ちゃんを、お母さんはしっかりと抱きしめて、あたたかいスープを飲ませてくれました。
 それはお月様のような優しい色合いのスープでした。心まであったかくなったくまの子ちゃんは、まだ着ていたひつじのセーターを脱ぐといいました。

  「お母さん、ごめんなさい。このセーターはもういらないわ。だから、明日からはくまのセーターを教えてね。自分で編めるようになりたいの」
 お母さんは、すっかり大きくなったくまの子ちゃんにキスをしました。
 そうしてやっぱり寂しそうに微笑みました。
 やさしい、やさしい、笑顔でした。

 ひつじのセーターは、くまの子ちゃんのお母さんがきれいに洗ってくれました。もとのようにふんわりにはなりましたが、ちょっと縮んだようでした。
 それを、くまの子ちゃんは、全部ほどいて毛糸に戻してしまいました。ほんの少しもったいない気もしましたが、それ以上にさっぱりしました。

 いまではすっかり、くまの子ちゃんはセーターを編むのが上手になりました。
 あまり上手に編むので、他のくまからも頼まれるほどです。
 でも、ひつじのセーターはもう編みません。
くまだけです。
 それとね、くまの子ちゃんのセーターは、胸のところが白い毛で編まれています。月のような白い模様に。
 それが、誰にも真似できない、くまの子ちゃんのセーターです。


 お話しおしまい。


 あれからひつじさんとはどうなったのか、ですって?
 大丈夫。二人は今でも仲良しですよ。

 かけ出していってしまったくまの子ちゃんが心配になって、ひつじさんの方から訪ねてきました。その時はくまの子ちゃんも、まだ話せる気にはならず、黙っていました。
 「なんだかごめんね」
といって、ひつじさんはすごすごと帰っていきました。
 本を借りっぱなしにしていたくまの子ちゃんは、それでも返さなくてはと、だいぶ時間がたってからひつじさんを訪ねていきました。
 最初はもじもじと、しまいにはお互いに、

 「ありがとう」
 「ごめんね」
といって、すっかり元の仲良しに戻りました。

 ひつじさんは、なんだか前より素敵になったくまの子ちゃんが悔しくて、今は懸命に自分で自分のセーターを編めるように頑張っている最中です。
 くまの子ちゃんはそんなひつじさんを、やさしく、時には喧嘩をしながら励ましています。
 恨んだこともあったけど、あの時本音をもらしてくれたひつじさんのおかげで気がつくことができたんですもの。
 それをちゃあんとね、くまの子ちゃんはわかっているみたいです。


 ほんとに、おしまい。